織物の街 浜松 人物探訪

見事に新旧を融合させた立役者

古橋織布有限会社(浜松市西区雄踏町山崎)

代表 古橋利祠彰さん


◆昭和3年創業

「自分の持つ織物技術の中からアイデアを組み合わせ、新たに生まれた生地が売れたときの喜び、そしてお客さんが生地を洋服にして”着心地がいい”と言っていただけることが大きな励みになります。好きな織物を頑張ることができますね」。そう話す古橋利祠彰さんは、昭和3年創業の機屋三代目として誕生しました。小学生の頃から自宅で織った反物をリヤカーに積み込み、検査場へ運ぶ手伝いをしていたとのこと。織布仕事を手伝っていた経験もあり、織物業界への愛着はひとしおです。

 そして先代から社長を継いだのは36歳のときでした。その頃から「これからは自販の時代」と各アパレルへ直接訪問。自社製品の生地を見てもらい、ストレートな意見を参考に技術を磨きながらさまざまな展示会に出展。また新たに出会ったお客のニーズに応えるうちに、次第に古橋織布さんでしか織れない技術が培われていったのです。

オリジナルのシャトル(上)は四角いフォルムにアレンジすることで安定性をアップ
オリジナルのシャトル(上)は四角いフォルムにアレンジすることで安定性をアップ
ここでしか織れない技術がファンを魅了する
ここでしか織れない技術がファンを魅了する

◆我が子のように愛しい織機

特長は、現在でも織るのが難しい細番手の糸を扱う高級綿織物を長年強みにしていること。たとえ同じ糸で、同じ密度に合わせて真似しようとしても、なかなか同じ仕上がりにならないと言います。それは、織機ひとつひとつの個性や職人の調節加減が大きく影響しているからなのです。

 実際に工場を見学させていただくと、古橋織布の皆さんは、織機をまるで我が子のように可愛がっている様子が伝わってきます。50年近く前から動き続けているアナログな織機たちですが、動きは実に快調。それはメンテナンス専門の長老技術者を筆頭に、スタッフ自らが部品を手作りして交換したり、微調整したりしながら、織機たちと相談し合うかのようにして生地を織り上げているからです。「この子たちが頑張ってくれているお陰」と職人さんが愛着を持って織機を見つめるやさしい眼差しが印象的。古橋さんの生地には、きっと温かなハートがプラスαで織り込まれているに違いないと思えるほどです。

機械の部品は丁寧に修理して使い続けている
機械の部品は丁寧に修理して使い続けている
糸を1本1本ドロッパーに通し、糸が切れると織機がストップする仕組み
糸を1本1本ドロッパーに通し、糸が切れると織機がストップする仕組み

◆海外ファンを魅了する古橋生地

 また、古きを温めるだけでなく、新しい取り組みにも積極的にチャレンジしているのも特長です。2007年からは海外にも進出し始め、2011年にはフランスの大手ブランドとの取引を開始。2014年に語学が堪能な古橋さんの娘さんが入社したことで、直接海外顧客との対応ができるようになりました。イタリア・ミラノで開催される「ミラノウニカ」に日本の企業が参加できるようになってからは毎シーズン年2回参加。個性派デザイナーと生地を共同開発するなどグローバルに活躍しています。

 

海外でも人気上昇中!
海外でも人気上昇中!

◆若きスタッフへの継承

また2015年には「Oriya」という遠州織物のオリジナルブランドを立ち上げ、バックやエプロンを制作し、ハンドメイド・アプリ ”Creema

(クリーマ)”へも出品しています。

 「若いスタッフも増え、遠州織物の魅力を実感してくれています。好きな気持ちが機動力の原点。そのパワーで小ロット多品種の古橋ブランドをこれからも発信していきたいと思います」。

古橋織布さんの新旧交えた人材、国内外の感性、時代を経て活躍する織機たちの活躍がますます楽しみです。

「とても魅力的な繊維産地の遠州に来てくてアイターンしました!」と工場内を案内してくれたスタッフの濱田美希さん
「とても魅力的な繊維産地の遠州に来てくてアイターンしました!」と工場内を案内してくれたスタッフの濱田美希さん

◆The 1928 establishment of a business

"I put an idea together from a one's lasting textile technology, and big, it works hard that I do it, and it is said, and "comfort can say to clothes with" with cloth joy when cloth born newly was popular and a visitor". I can try a favorite textile hard. Furuhashi profit small shrine Akira who talked so was born as the weaver third generation of the establishment of a business in 1928. I loaded the cloth which I wove since the days of a primary schoolchild at home onto a bicycle-drawn cart and seemed to do a help to progress in the inspection ground. There is the experience that helped with cloth work, and the attachment to the textile industry is much more.

 And it was 36-year-old time that I inherited the president from predecessors in the family line. I am visited directly "from now on from that time to the times of 自販" and each apparel. I have you look at Ikuji of our product, and it is exhibited by various exhibitions while polishing a technique in reference to a straight opinion. In addition, a technique to be able to gradually weave only in Furuhashi cloth was cultivated while I met the needs of the visitor whom I met newly.

◆The weaving machine which is dear like my child

Having been doing high quality cotton textiles treating the high count thread that it is difficult to weave the good point now in a strength for many years. I am it in the readily same finish even if I am going to do a thing to the same density with the same thread if there is not it. It is because the adjustment of personality and the craftsman of one one weaving machine greatly influences it.

 The state that totally loves a weaving machine like my child is really transmitted through all of Furuhashi cloth when I observe the factory. It is the analog weaving machines which continue moving for nearly 50 years, but the movement is really smooth. This is because it does it as if it talks with weaving machines, and it finishes weaving cloth while staff oneself handcrafting a part in the first on the list, and its changing the elder engineer who is specialized in maintenance, and making a fine adjustment. The easy look that "the grace that these children try hard" and a craftsman stare at the weaving machine with attachment is impressive. I think that warm heart must be surely incorporated in Ikuji of Furuhashi in positive α.

◆The Furuhashi cloth which attracts an overseas fan

In addition, it is a good point not only I warm old きを, but also to challenge a new action positively. I begin to go abroad from 2007 and start the business with the French major brand in 2011. With the customer directly overseas in a daughter of Furuhashi who is proficient in 2014 language study having entered the company came to be able to cope. I participate twice a year in every season after a Japanese company became able to participate in "ミラノウニカ" held in Italy Milan. I develop cloth jointly with a personality group designer and play an active part in global.

◆The succession to the young staff

In addition, produce a setup, back and an apron with the original brand of the Enshu textile called "Oriya" in 2015; handmade application "Creema

(creamer) exhibit it at ".

 "The young staff increases and realizes the charm of the Enshu textile". A favorite feeling is the origin of the mobility. I want to send the Furuhashi brand of small lot many kinds with the power from now on.

Of Furuhashi cloth former newly; the activity of weaving machines playing an active part after the talented person who contained, domestic and foreign sensitivity, the times is a pleasure more and more.

【DATA】・・・・・・・・・

古橋職布有限会社

浜松市西区雄踏町山崎3574

綿素材を主にした織物製造・販売